直進左方優先・・・でもね。

更新日:2021年12月11日

どもっす!カノです。いつもブログを見ていただきありがとうございます。

さて、今日のお題「直進左方優先」これは、道路交通法上常識ですよね。



大通りから対向車線を越えて右方の小路に進入しようとする時、逆に小路から手前の車線を超え右折して大通りに出ようとする時、当然ながら直進車があれば、止まって通過を待って右折、若しくは、対向車の通過を待ってから小路に右折するのが当たり前です。


ですが、直進側の立場で運転している時の「意識」が事故を減らし、初心者や年配者の方が安心して車を運転できる安心安全な社会が構築されていくと思うのです。


心当たりありませんか?

右折しようと動き始めた車を見つけた時、加速して曲がらせまいとする行動。


「何、今、曲がってくるなや?(なぜ、今曲がってくるんだろうこの人)」

「こっち優先だべ、ぶつかった右折のおめ悪り(こっちが優先じゃん、ぶつかったのは右折のあなたの方が悪いからだ)」


当然っちゃ当然。何も間違ってない。


でもね、


最終的にあなたは何を望むの?

道交法を弁えず右折しようとする人への警告?阻止?

事故に遭って相手に過失を認めさせること?


違うはずです。事故を起こさず、楽しく安全にスムーズにA地点からB地点に移動し到着することではありませんか?


法律は弱者保護が当たり前ですよね。

とすれば、優先順位が上の方が下の方に思いやりを置くことが安全でかつスムーズって考えられないでしょうか。


ほんのチョッと減速。ほんのチョッと譲ってあげる。

右折しようとする人は、急いでるんだから隙を見て曲がるのは当然と思ってる人って多くないですよね?(少なくとも私は多くないと信じます。)

居たとしたって、こっちが余裕の気持ちと行動で配慮してあげたら、双方気持ちいい。


和尚(師)さんも走るから師走。

みんな忙しいし、急いでるかもしれないけど、

あえて余裕を持って考えることが、結果、皆がスムーズに安全に目的に到着できます。

コーヒーブレイクの時にでもチョッと考えてみてください。



あっ!それからもう1点、安全スムースな運転を考えながら経験したことで、この頃思ったこと伝えますね。


運転初心者の皆さん。止まれ標識のない交差点、運転の慣れている方は、あなたが左側にいた時、あなたを優先してくれます。

自分が交差しようとする相手方のどちら側にいるのか?

よく考えて運転しましょう。相手が右側にいたら、「どもっ」と会釈してスッ〜と通過。(ここで優先側に止まられると逆にスムーズでなくなる)

相手が左側にいたら、しっかり停止して通過してもらいましょう。


あ〜 これで スム〜ズ、スム〜ズ!


車のごど、何でも聞ぃ〜でけれ〜 へば、まんつねぇ〜


閲覧数:26回0件のコメント