非接触の配達が多くても、フードデリバリーは真心が伝わる仕事。お届け先の笑顔を想像するのが本当に面白い。

どもっす!くるポチッ!カノです。いつも私の拙いブログをご覧いただきありがとうございます。


今日は、一見ルーチンワークに見えるフードデリバリーが実は奥が深いんだと言うことについて、お話しします。



自分も含め、このごろよく耳にすることばにもその一端が伺えます。


フードデリバリーのパートナーさんが増えてきて収入が少なくなった。

ご注文者の数が少なくて仕事の依頼があまり入らない。

注文が取り合いになっている。・・・etc


それって本当でしょうか?


サポートに聞いてもパートナーさんの登録数は教えてもらえなかったし、

町中で配達の度に他のパートナーさんとブッキングするわけでもないし、

注文の絶対数を把握できてるわけでもないし、



地方展開当初、顧客獲得のためにキャンペーンのラッシュがあった時よりも注文が少ない(Wさんは落ち着いている状況と言ってますが笑)と感じるのは事実で、今私たちが感じていることは、ほぼほぼ事実に近いことだと思うのですが、データを元にしていないことから、あくまでも予想としか言いようはありません。


AIでの配車を導入している以上、フードデリバリーの運営会社では、データーは仔細に持っているはずです。当たり前ですが。


私たちが努力することで解決できることと、フーデリ会社の努力でしか解決できないことがあると思うんです。当たり前ですが。


約半年間の短い期間ですが、私が実際に経験したことを元に、あくまでも主観的に深い〜っと思ったことをお伝えします。(そんなことわかっとるわい!と言う方はでうぞスルーして下さい。)

 

まず、収入を増やす深い〜っこと。


多く注文を取る方法。

アプリの使い方で分かったこと。

 買う方も活用:私の場合、U社がメインなので、お客さまへのメッセージを大切にしています。企業ドライバーの方が自分の評価評価を上げるために必ずやっていることです。個人事業主のでライバーでもピックアップ直後のメッセージはお役様の安心感を倍増させて、次回の利用も促してくれます。  

 スマホのリセット:注文が入りづらい時は、スマホを再起動してみる。スマホは電話をかけられるコンピューターですので、リセットすることで、スマホもアプリもリフレッシュできます。

 待機場所:なるべくホットスポットで待機する。複数ピックの場合は除きますが、単発の注文の場合はじめ待機していたか、もしくは、現注文が鳴ったところに戻って待機する。

ながれのまま配達を続けると、配達先が通常の活動場所と離れていた場合、受注のパターンが変わってしまう。(いい方向に結果が出れば良いのですが、逆の場合は全く注文が入らない)


報酬のイベントを活用する方法 

 上記注文を多く取る方法を活用して、U社のクエスト W社のハント の規定乗車数をクリアして収入に付加価値をつける。

 アメクエ 割増基本報酬などうまく活用して乗車回数ボーナスを頂くことを目標に活動すれば、モチベーションも上がります。

 まあ、中々クエストが達成できなくて鬱憤が溜まっているこのごろですが、鬱憤ばっかり言っても収入は上がりません。


あなたの収入の始まりは、集配依頼のチャイムがなることが一番最初ではなく、お客様の笑顔にどう応えるかというあなたの真心が一等先にあってなんぼなのです。


注文少ない時は、その時間を準備の時間とすることも大切でしょう。「日々鍛錬し、いつ来るともわからぬ機会に備えよ」と かの有名な虚無蔵さんも言っておられました。


ピックアップ時にレストランさんに明るく挨拶したり、労ったり、自分の動作や運転操作に無駄がないか考えたり、愛車に感謝の言葉を言ってあげたりと、相手を思う心をいつも好転的にしている事により、状況も好転していくと信じていつも集配業務に向かっています。それは私の他の事業(安全装備品の販売、中古車の販売)においても皆繋がっている私のポリシーです。


あなたはどちらの気持ちでハンドルを握りますか?

私の体験が何かのお役に立てれば幸いです。


フードデリバリーの車のご相談はくるポチッ!カノまで遠慮なくどうぞ!

お金に余裕がある方は、他店から高くて高級なお車をおかいください。

くるポチッは、心と懐の豊かな暮らしを目指して真剣にフードデリバリーの仕事をやってみようとする人を応援します。

 



閲覧数:27回0件のコメント